ブランデッド・レジデンスの動向

現在、ブランデッド・レジデンス市場の成長に鈍化の兆しは見られず、マリオットだけで60以上のブランデッド・レジデンス・プロジェクトを展開しているとも言われています。
2018年、2019年だけで、マリオットは9カ国で19個のブランデッド・レジデンス・プロジェクトを開始する予定です。


世界の超富裕層の人口は、2017年までの5年間で18%、今後5年間でさらに40%増加すると予測されています。
ホテルオペレーターによって確立されたブランデッド・コンセプトとあわせて、この分野に参入するオペレーターの数は拡大し多様化しています。
ヴェルサーチ、アルマーニ、ポルシェなどのブランドも開発プロジェクトに名前を貸しています。

今後もブランデッド・レジデンスの種類、コンセプトの背景、世界的な事例と将来の傾向について考察していきます。