2. ブランデッド・レジデンスの歴史

ブランデッド・レジデンス・コンセプトの誕生は、アメリカにおける1920年代の長期にわたる経済ブームに遡ることができます。
富の創造とブランデッド・レジデンスの需要との間には直接的な相関関係があり、ブランデッド・レジデンスの拡大は、主にこの数十年の間に起こりました。


最初の本格的なブランド・レジデンスであるマンハッタンのシェリーネザーランドホテルは、1927年にオープンしました。
90年以上に渡りブランデッド・レジデンスは成長を続け、現在では世界60カ国以上で見られるようになりました。
しかしながら、Four Seasonsがボストンのホテルの隣にコンドミニアムをオープンした1980年代半ばまでは、ブランデッド・レジデンスは一般的にはあまり知られていませんでした。
アマンホテルグループは1988年にタイのプーケットにアマンプリを設立し、リゾート地でそのコンセプトをスタートさせました。

2000年以降に見られた世界的な富の急速な成長を考えれば、ブランデッド・コンセプトに対する関心が高まっているのは偶然ではありません。